devの忘備録

ソフト関連、raspberry piの忘備録

Macでraspberry piのOSをインストールする(ディスプレイなし) 2018年版

以前、raspberry piのOSのインストールの方法を書きましたが、情報が古くなったので、
2018年に実施した方法を書きます。

環境
Mac:macOS High Sierra ver10.13.6
Raspbian: Raspbian Stretch

1. Raspbianのダウンロード

raspberry piのホームページから、OSをダウンロードします。

www.raspberrypi.org

2. SDカードのフォーマット

ディスクユーティリティを起動し、SDカードを選択し、「消去」-「消去...」をクリックします。
フォーマットはMS-DOS(FAT)を指定します。

f:id:yu0123ji:20180825183816p:plain

3. SDカードに書き込み

3-1. SDカードをアンマウント

「diskutil list」でSDカードを探します。今回の場合は、disk3がSDカードです。
「diskutil unmountDisk /dev/disk3」として、SDカードをアンマウントします。
「Unmount of all volumes on disk3 was successful」と表示されれば成功です。

/dev/disk3 (external, physical):
   #:                       TYPE NAME                    SIZE       IDENTIFIER
   0:     FDisk_partition_scheme                        *31.7 GB    disk3
   1:                 DOS_FAT_32                         31.7 GB    disk3s1

3-2. SDカードを書き込む

「sudo dd of=/dev/disk3 if=ダウンロードしたrasbraspbian.img bs=1m」として、かきこみます。書き込み終了するまでしばらく待ちます。以下のように結果が表示されたら完了です。

4600+0 records in
4600+0 records out
4823449600 bytes transferred in 5002.116347 secs (964282 bytes/sec)

3-3.ssh有効化

Raspbian 2016-11-25のリリースから、sshがデフォルトで無効化されています。
/boot/ ディレクトリに sshというからファイルを置くことでsshを起動時に有効化されています。

Raspbian 2016-11-25リリース | Japanese Raspberry Pi Users Group
A security update for Raspbian PIXEL - Raspberry Pi

4.Macからraspberry piに接続し、各種設定

idはpi、passwordはraspberryでsshで接続します。

ssh pi@xxx.xxx.xxx.xxx
pi@xxx.xxx.xxx.xxx's password: raspberry

4-1. raspi-config

raspi-configで各種設定していきます。

pi@raspberrypi:~ $ sudo raspi-config

f:id:yu0123ji:20180826095320p:plain

「Advanced Option」-「Expand Filesystem」
今回、容量の拡張は不要のようです。初回の「Expand Filesystem」は不要です。

「Change User Password」
パスワードの変更ができます。


これで一通りの設定は完了です。